アーユルヴェーダ in スリランカ🇱🇰Day ①

今年の私のテーマは、もっと自分をいたわって、喜ばせてあげること。疲れ切ったセラピストから誰もマッサージなんて受けたくないし、今までよりもっと体をいたわってあげなきゃと思い、3月20日から28日まで、ひとりスリランカ、アーユルヴェーダリゾートのデトックス旅に行って来ました!

 

ロンドンからは初めてのカタール航空でドーハ乗り継ぎでスリランカまで。カタール航空、ANAに次いでサービスと機内食が素晴らしかった〜✨いつもすぐ寝ちゃうんだけど、今回は3本も映画を観て、全部感動して泣いて、早速ここから感情のデトックスが始まってる感じw

ドーハの乗り継ぎではまた手荷物チェックがあると思ってたら、何もなくて10分くらいで次の搭乗口に着いちゃった。楽チン♪

 

無事にスリランカに到着、ホテルの送迎車が迎えに来てくれてました。ホテルまでは空港から約2時間、一人で送迎を頼むのはやっぱり安くなかったけど、せっかくゆっくりしに来てるんだし、公共交通機関使いたくない〜と奮発!

 

私が今回ステイしたのは、シダレパアーユルヴェーダリゾート。

http://www.siddhaleparesort.com

ビーチ沿いの大きなリゾート施設。時々電車の音が聞こえるけど、それ以外は波の音と鳥の声、静かにゆったりと時が流れているいいところでした。

 

 

お部屋のベッド。ひとりだけどね。

お部屋からビーチまですぐ。

今日はドクターの診断はなしで、明日の朝になりました。なので、食べ物の制限考えないでビュッフェのランチをたらふく頂きました。

基本フレッシュな野菜のカレーとダル(豆)カレー、少しの油やギーで炒めたお野菜、フィッシュカレー。辛いサンバルを取らなければ、辛くなくて優しいお味。美味しかった〜♡

ドイツ人のゲストがやたら多く、施設内も英語とドイツ語表記。そのためか、コンチネンタルなビュッフェも用意されてました。私は殆ど取らなかったけど。

午後にクッキング見学?がありました。フィッシュカレーとダル(豆)カレー。意外だったのが、アーユルヴェーダクッキングではカレーには基本オイルを使わないらしい。鍋に順番に材料とスパイスを入れて、ココナッツミルクを最後に入れて、5分ほどですっごくフレッシュで美味しいカレーができました。オイルを入れてないから、たくさん食べても重くないんだな〜。

 

アーユルヴェーダのトリートメントについては、DAY2以降のブログで♪

綺麗の秘訣は食事 ①よく噛むこと

昨日食にこだわりの強い友人から借りた本。ずっと食べるものが大事なのはわかっていたものの、外側からの努力ばかりしていました。

イギリスにいると、日本人は年齢より若く見られるので、なんか別にいっか〜と思っていたけど、そろそろ根本的に食と向き合う時が来たようです。。。

木下あおいさんのこの本は、読みやすく、ご自身の経験も踏まえているので、説得力もあるし、ご本人が美しい。外側から着飾った美しさではなく、内側から滲み出てるこのナチュラルな美しさ、私もこうなりたいし、美味しくて体に良いものを食べられるのなら、料理嫌いも克服してみせようじゃないか!

とは言っても、いきなり全てを変えて、ストイックにしても続かないのはわかっているので、できそうなものから少しずつ。

①よく噛んで、味わってゆっくり食べること

これ、私できてない。。。いつも早食い。食事中も一人の時は、色々次にしなきゃいけないこととか考えて、食事に集中できていない。とりあえず箸置きをいつも用意して、一口につき30回は噛んで食べよう。

よく噛むと、脳内物質ヒスタミンが分泌されて、満腹中枢に働くだけでなく、内臓脂肪を分解してくれます。

また、唾液には、アンチエイジング効果のあるホルモンが含まれているそうです。

二重アゴの防止にもなります。

 

A quotation from ; 美人はコレを食べている。